中国から戦闘機購入も辞さず パーム油協議混迷、首相怒り心頭

欧州連合(EU)の欧州議会でパーム油由来のバイオ燃料の使用を禁止する法案が検討されていることを受け、マレーシア政府は憤りをあらわにしている。報復措置としてEU製品に対する輸入規制措置を取ることを検討しており、マハティール首相からは「(パームが禁輸された場合)戦…

関連国・地域: マレーシア欧州
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都圏を中心とした断水…(04/23)

マレーシア市場、一人負け 巨額債務が投資家心理の悪化招く(04/23)

法人営業ブリッジインター、TKと業務提携(04/23)

ファイアフライ、スバン―セレター便を再開(04/23)

RM=27.0円、$=4.13RM(22日)(04/23)

ライナスがマで増産、日本向けに備蓄方針(04/23)

不動産エムケイ、サイバージャヤで住宅発売(04/23)

UEMの南ア複合開発事業、現地企業と提携(04/23)

飲料スプリッツァー、ボトル増産などに投資(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン