聯電の中国子会社、10月にも上海科創板上場へ

ファウンドリー(半導体の受託製造)大手、聯華電子(UMC)の中国子会社である和艦芯片製造(蘇州)が申請していた、上海証券取引所が新設するハイテク・イノベーション関連企業に特化した新市場「科創板」への上場が受理されたことが分かった。今年10月にも科創板に上場する見…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:かつては軍事船舶が停泊…(10/23)

オフィス市場が活況 回帰投資の需要増で、建設加速(10/23)

ベライゾン、中華電信と5Gで提携(10/23)

9月のスマホ販売数、iPhone11が首位(10/23)

台湾アビジョン、コピー機3000台の設置計画(10/23)

ゴゴロが台北でシェアサービス、域内2都市目(10/23)

ジーンズの如興、香港企業の株式67%取得(10/23)

ワクチン受注増で通年黒字化へ、国光生技(10/23)

一之軒、AIパン判別システムを台湾初導入(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン