• 印刷する

テイクオフ:マレーシア全域で高温の…

マレーシア全域で高温の日々が続いている。南国だから毎日が暑いのは当然なのだが、旧正月明けからクアラルンプールでは最高気温が32度から下らない。全国でも高温による雨不足や山火事が多発している。

報道を見ると、周辺国では大水が発生して多数の被害者が出ている一方、マレーシア国内やタイでは複数のホットスポット(森林火災が発生しているとみられる異常高温地点)が観測されており、ヘイズ(煙害)や大気汚染を引き起こしている。つくづくお天道さまは気まぐれであると思い知らされる。

地方では日照りのため、雨乞いをする人もいる中、クアラルンプールや南部ジョホールでは時折思い出したように瞬間的な豪雨がやってくる。不思議なことに、洗濯物を干しているときや買い物で大荷物を抱えているときに見舞われる。本当にお天道さまは気まぐれだ。(角)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都圏を中心とした断水…(04/23)

マレーシア市場、一人負け 巨額債務が投資家心理の悪化招く(04/23)

法人営業ブリッジインター、TKと業務提携(04/23)

ファイアフライ、スバン―セレター便を再開(04/23)

RM=27.0円、$=4.13RM(22日)(04/23)

ライナスがマで増産、日本向けに備蓄方針(04/23)

不動産エムケイ、サイバージャヤで住宅発売(04/23)

UEMの南ア複合開発事業、現地企業と提携(04/23)

飲料スプリッツァー、ボトル増産などに投資(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン