ププック、今年の肥料の輸出目標190万トン

国営肥料製造ププック・インドネシアが今年の肥料の輸出目標を昨年の輸出量と同じ約190万トンに設定した。テンポ(電子版)が伝えた。 アアス・アシキン社長は「今年の輸出品はすべて在庫の安価な補助金付き肥料になるが、国内への供給を優先する」と述べた。 2018年の輸出の内訳…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

IMF、カンボジア経済のリスク指摘(04/24)

テイクオフ:渋滞の先で事故が起きて…(04/24)

【この人に聞く】建築設計事務所ブリコルール 内資法人としてインドネシア進出(04/24)

西ジャワ州3県・市の業種別最低賃金が決定(04/24)

パナ、プロ用ミラーレス一眼カメラを販売へ(04/24)

商用車展示会、来年は3月5~8日に開催(04/24)

トラック通行規制、レバラン前後6日間実施(04/24)

レバランの公共交通利用者は前年比4%増に(04/24)

ビトゥン特区、中国企業と運営会社設立へ(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン