• 印刷する

2月の失業率3.72%、前月比0.08ポイント上昇

台湾の行政院主計総処(統計局)が22日に発表した2019年2月の失業率は3.72%で、前月比0.08ポイント上昇した。前年同月比では0.02ポイント上昇。一方、季節調整後の失業率は3.71%で、前月比0.01ポイント下落した。

年齢別で見た2月の失業率は、20~24歳が11.94%で最も高く、次いで15~19歳が8.69%、25~29歳が6.44%などとなった。学歴別では大卒以上が4.62%で前月比0.10ポイント上昇。高中(高校)卒以上は0.03ポイント上昇し、3.55%だった。

2月の失業者数は43万3,000人で、前月から9,000人増加。前年同月比でも5,000人増えた。業務内容への不満を起因とする失業者が4,000人、初めて求職する失業者が2,000人それぞれ増え、数値を押し上げた。

労働者人口は1,191万6,000人で前月比3,000人減ったが、前年同月比では8万1,000人増えた。このうち就業者数は前月比1万2,000人減の1,147万3,000人だった。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:かつては軍事船舶が停泊…(10/23)

オフィス市場が活況 回帰投資の需要増で、建設加速(10/23)

ベライゾン、中華電信と5Gで提携(10/23)

9月のスマホ販売数、iPhone11が首位(10/23)

台湾アビジョン、コピー機3000台の設置計画(10/23)

ゴゴロが台北でシェアサービス、域内2都市目(10/23)

ジーンズの如興、香港企業の株式67%取得(10/23)

ワクチン受注増で通年黒字化へ、国光生技(10/23)

一之軒、AIパン判別システムを台湾初導入(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン