国内初の高速道路が着工 首都―港湾都市、中国が支援

カンボジアの首都プノンペンと南部の港湾都市シアヌークビルを結ぶ高速道路が22日、着工した。総事業費は20億1,900万米ドル(約2,219億円)に上り、中国企業が拠出する。2023年の完成を見込み、開通すれば国内初の高速道路となる。既存の国道4号線は物流の要だが、片側一車線で事…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

タイPTT、カンボジアの原油輸出に関心(10/15)

労働組合法の10条項改正、閣僚評議会が承認(10/15)

地雷・不発弾の死傷者、1~10月上旬は66人(10/15)

20年の経済成長はやや減速、世銀予測(10/14)

1~8月の投資認可額46%増、中国が3割超(10/14)

中銀とメイバンク、電子送金業務などで提携(10/14)

台湾の陽明海運、カンボジア含む路線新設(10/14)

日立の昇降機、21年度までにシェア25%目標(10/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン