外貨準備1026億ドル、前回比2億ドル増

マレーシア中央銀行は22日、3月15日時点の外貨準備高が1,026億米ドル(約11兆3,646億円)だったと発表した。前回発表の2月28日時点から2億米ドル増加した。 外貨準備高は、輸入額の7.4カ月分で前回から横ばい。短期対外債務の1.0倍に相当する。

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近、地場企業のカスタ…(04/24)

マ首相、一帯一路会議に出席 ECRL再契約で対中関係深化へ(04/24)

RM=27.0円、$=4.12RM(23日)(04/24)

上奇がデジタル印刷強化、マレーシアに新会社(04/24)

リーラコーエン、来月24日に人材セミナー(04/24)

プロドゥア、自動車展示会で450台の成約(04/24)

ペトロナス、自動車サービスセンター開業(04/24)

タイエアアジア、7月にシアヌークビル便就航(04/24)

KL都心再開発で収用検討、最大100億リンギ(04/24)

都心の住宅開発、開発業者と規模縮小で合意(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン