台プラ、生産や環境保護にAI導入

台湾石化最大手の台塑関係企業(フォルモサプラスチックグループ、台プラ)は21日、人工知能(AI)技術を導入することで、1億7,000万台湾元(約6億1,100万円)規模のコスト削減を図る計画を明らかにした。手始めに、雲林県麦寮郷にある第6軽油裂解廠(第6ナフサプラント)な…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 化学IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ミャンマー中部のバガン…(10/16)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

量販店販売が2000億元超へ 19年予測、価格競争が激化(10/16)

電動バイクシェアサービス、南部に拡大(10/16)

食品商談会、道が輸出1500億円目指しPR(10/16)

自転車大手2社、9月はともに増収(10/16)

国産建材実業、中国のセメント市場撤退(10/16)

アップル、鴻海の工場でスマホ生産開始(10/16)

カルフールが桃園に物流拠点、ECに対応(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン