中南部のガス火発案件、複数の外資が関心

ベトナム中南部ニントゥアン省カーナーでの液化天然ガス(LNG)火力発電所案件に、複数の外国企業が関心を示している。21日付ダウトゥ電子版などが報じた。 直近では、タイの独立発電事業者(IPP)のガルフ・エナジー・デベロップメントが、LNG港湾倉庫と合計出力6,0…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

サベコ、契約変更に社員反発 株売却後の経営体制につまづき(04/23)

ベトナム航空、1~3月は4%増収(04/23)

ベトジェット、航空輸送で25%増収目指す(04/23)

運輸省、タクシー会社の配車アプリに条件(04/23)

ビントゥアン省、ビンタン国際港が竣工(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

設備工事サンテック、越企業に24%出資へ(04/23)

米、越製風力発電タワーにAD関税継続(04/23)

地場企業、ハティン省に木材加工工場開設(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン