サムスン、EUV採用せず最先端DRAM

韓国サムスン電子は21日、2019年下期に新型DRAMの量産を始めると発表した。同社が「第3世代」と呼ぶDRAMで、高価な製造設備「EUV(極端紫外線)露光装置」を使わずに生産。既存製品より生産効率を20%以上高めたという。 回路線幅は最先端の10ナノ(ナノは10億分の1)…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

テイクオフ:野球の韓国代表が危機だ…(10/23)

メモリーに先端露光装置 SK、蘭ASMLに発注か(10/23)

文氏「素材国産化で成果」、施政方針演説(10/23)

韓国済州航空、越・日観光客の誘致活動へ(10/23)

9月のスマホ販売数、iPhone11が首位(10/23)

9月ICT輸出22%減、11カ月連続マイナス(10/23)

9月の生産者物価、3カ月連続でマイナス(10/23)

大企業の在庫13兆円、過去最高を記録(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン