• 印刷する

斗山重、インドネシアで火力発電2機受注

韓国重電大手の斗山重工業は20日、インドネシアの建設業者と組む企業連合(コンソーシアム)が、同国中部ジャワの火力発電所の9・10号機を計1兆9,000億ウォン(約1,860億円)で受注したと発表した。2024年までの建設を目指す。

インドネシアの国営電力会社PLNの子会社インドネシア・パワーなどが出資した特別目的会社(SPC)から受注した。

斗山重工業は出力1,000メガワット(MW)の発電設備2機を供給する。発電方式には環境負荷が少ない超々臨界圧(USC)技術を採用する。設計から工事までを一括で請け負うEPC(設計・調達・建設)契約で、斗山重工業としての受注額は1兆6,000億ウォン規模となる。

斗山重工業は17年に、ジャカルタ近郊に位置するムアラ・タワル・ガス火力発電所に約3,000億ウォンの排熱回収ボイラーやスチームタービンを供給している。今回の受注を機に、同国での大型案件の獲得を狙う。


関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:冬から春へと季節が移ろ…(04/23)

中国ゲーム規制が韓国に波紋 テンセントリスクが浮上(04/23)

再エネ40年に30%台、電力基本計画案(04/23)

生産者物価指数、3月は0.1%上昇(04/23)

韓国製造業、36%が「上期は営業減益」(04/23)

3月ICT輸出16.3%減、全分野でマイナス(04/23)

現代自、印でEVの部品調達を模索(04/23)

バンコクエア、ロッテと空港免税店運営狙い(04/23)

サムスン電機、ワイヤレス充電事業を売却(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン