• 印刷する

マレーシア航空買収、国内外の数社が関心

マレーシアのマハティール首相は20日、経営難のマレーシア航空(MAS)に対し、国内外の企業数社が買収に関心を示していることを明らかにした。地元各紙が伝えた。

MASをめぐって、マハティール首相は同日の連邦議会で「私もMASを愛している。ナショナルフラッグキャリアとして存続させたいのはやまやまだが、政府にはその余力がない」と発言。身売りや解散の可能性が浮上している。

首相は「まだ選択肢を検討中だ。買収に関心を示している企業があるのは確かで、(売却の可能性は)否定しない」と述べた。ただ、買収に関心を示している企業名は明らかにしなかった。

マハティール首相はまた、「政府は経営陣を入れ替えるかどうか、経営を縮小するのか、拡大するのかなどを検討していく」と語ったが、「60億リンギ(約1,631億円)の資金注入をし、6,000人の従業員を解雇しても、MASは以前のように飛行できていない」とも指摘した。

首相は先週、マレーシア航空の解散、売却、資金注入などの選択肢を検討しており、近く決定を下すと表明していた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

サウジ航空、ジッダ線にドリームライナー導入(13:26)

MRTコープ、線路点検で英アラップと契約(12:14)

テイクオフ:日本での新聞記者時代、…(10/17)

東海岸鉄道、26年完工に順調 マレー半島東西の格差解消へ(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

みずほ銀が予算セミナー「投資誘致に力点」(10/17)

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(10/17)

千代田化工、契約先が損害賠償増額求め提訴(10/17)

環ボルネオ高速道、来年1Qに3工区の入札(10/17)

宅配GDEX、ベトナム同業の株式50%取得(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン