• 印刷する

マレーシア航空買収、国内外の数社が関心

マレーシアのマハティール首相は20日、経営難のマレーシア航空(MAS)に対し、国内外の企業数社が買収に関心を示していることを明らかにした。地元各紙が伝えた。

MASをめぐって、マハティール首相は同日の連邦議会で「私もMASを愛している。ナショナルフラッグキャリアとして存続させたいのはやまやまだが、政府にはその余力がない」と発言。身売りや解散の可能性が浮上している。

首相は「まだ選択肢を検討中だ。買収に関心を示している企業があるのは確かで、(売却の可能性は)否定しない」と述べた。ただ、買収に関心を示している企業名は明らかにしなかった。

マハティール首相はまた、「政府は経営陣を入れ替えるかどうか、経営を縮小するのか、拡大するのかなどを検討していく」と語ったが、「60億リンギ(約1,631億円)の資金注入をし、6,000人の従業員を解雇しても、MASは以前のように飛行できていない」とも指摘した。

首相は先週、マレーシア航空の解散、売却、資金注入などの選択肢を検討しており、近く決定を下すと表明していた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、越合弁を白紙に 競争回避と会計基準改正が理由か(04/19)

RM=26.9円、$=4.14RM(18日)(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

エアアジア、ベトナムでの合弁設立を見送り(04/19)

主要指数が16年来の低水準、格下げ臆測響く(04/19)

下着通販サイト白鳩、ラザダに出店(04/19)

政府公用車、ナザ・ベルジャヤ合弁が有力視(04/19)

UEM、HSR駅設置に代わりBRT整備へ(04/19)

5G展示会が開会、首相「3年で実用化」(04/19)

MRCA、小売業界の成長率は4.5%と予測(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン