拝火教徒の「鳥葬」に変化、ハゲワシ減少で

【ムンバイ共同=佐藤大介】インド西部ムンバイに住むゾロアスター教(拝火教)の信者が伝統的に行っている「鳥葬」の風習が、時代とともに変化を迫られている。遺体を食べるハゲワシなどの猛禽類が減少して処理が追いつかず、鳥葬を選ばないケースも増えており、信者の間で議論が…

関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「われわれの国は通常、…(10/21)

映画大国に「単館系」市場を 「天気の子」配給のバカオが挑戦(10/21)

自動車販売店、9月の小売り総数は13%減(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

配車オラ、カーシェアサービスを開始(10/21)

鉄鋼タタが西部で生産縮小、車産業の不振で(10/21)

アダニ、40億ドル化学施設の調査で覚書(10/21)

西部砂漠で太陽光発電計画、30GW規模に(10/21)

ITC、中部州で食品工場整備に70億ルピー(10/21)

印格安ホテル「オヨ」、アパート賃貸へ進出(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン