拝火教徒の「鳥葬」に変化、ハゲワシ減少で

【ムンバイ共同=佐藤大介】インド西部ムンバイに住むゾロアスター教(拝火教)の信者が伝統的に行っている「鳥葬」の風習が、時代とともに変化を迫られている。遺体を食べるハゲワシなどの猛禽類が減少して処理が追いつかず、鳥葬を選ばないケースも増えており、信者の間で議論が…

関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:往復航空券が安い。ただ…(04/23)

スリランカテロ、日系は様子見 港と空港は通常稼働(04/23)

スリランカのテロに違和感=アジ研・荒井氏(04/23)

現地在住の邦人女性死亡、犠牲者290人に(04/23)

スズキ、BS6対応「バレーノ」を発表(04/23)

現代自、印でEVの部品調達を模索(04/23)

二輪車用ヘルメット、品質管理を厳格化へ(04/23)

バッテリーのエキサイド、太陽光発電を導入(04/23)

仏シュナイダーの同業買収、当局が承認(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン