• 印刷する

オークマ、済南にテクニカルセンター開設

工作機械大手のオークマは21日、山東省済南市にテクニカルセンターを開設した。上海、広州に続いて中国で3カ所目となる。

済南テクニカルセンターは、オークマの中国法人の一つ大隈機械(上海)が運営する。所在地は済南市天橋区の中国ドイツ(済南)産業団地内。建物の面積は1,646平方メートルで、うちショールームが479平方メートルとなっている。ショールームには最新のコンピューター数値制御(CNC)工作機械5台を展示する。ショールームのほか修理工場、測定室、事務所、会議室、セミナー室を設置。従業員12人を配置する。

オークマは済南テクニカルセンター開設の狙いを、中国での営業活動、技術提案、技術サポート、アフターサービスの一層の強化により、受注と売り上げの拡大を図るためと説明。具体的には最新鋭の高付加価値工作機械による現地でのテストカット(加工実験)対応や加工サポートの強化、機械操作指導の充実につながるとしている。


関連国・地域: 中国-山東日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

香港航空の内紛が加速 新取締役と海航集団の対立構造(04/23)

テイクオフ:今年の上海モーターショ…(04/23)

石炭発電の設備過剰が改善 新設規制を緩和、禁止は10地区に(04/23)

EEC、鄭州の空港経済特区と戦略提携へ(04/23)

日中間でETF相互上場へ、金融協力(04/23)

中比合弁の製鉄所建設へ手続き迅速化を指示(04/23)

ECと貿易で知財保護強化、政府6部門(04/23)

勤美集団董事長、「22年に中国5大鋳造業へ」(04/23)

海外留学経験者、3割が就職ミスマッチ(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン