日本政府、浄水場整備などに計10億円支援

日本外務省は20日、ラオスの無償資金協力事業4件について交換公文などに著名したと発表した。総額は約10億円。浄水場の機能改善やテロ・治安対策機材の提供などを通じ、ラオス国民の生活向上に寄与する。 「ルアンパバーン市上水道拡張計画」では、総延長約60キロメートルの配水…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 農林・水産天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コメの生産量目標、350万トンに引き下げ(11/15)

事業環境改善へ特別委員会設置、首相が同意(11/14)

通常国会始まる、閣僚2人の人事を承認(11/13)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催へ(11/13)

年末から電力不足危機、政府は対策に本腰(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン