• 印刷する

テイクオフ:先週の土曜日、ジャカル…

先週の土曜日、ジャカルタ日本人学校(JJS)で卒業式が行われた。小学部103人、中学部62人が1人ずつ壇上に上がり、校長先生から卒業証書を受け取った。

小学部の卒業式は今年で50回目、初代の卒業生はすでに還暦を迎えられた。しかしスーパーもインターネットもない時代にどうやってお弁当を作り、日本式の授業を行っていたのだろう。当時の関係者や保護者の方々の努力を思うと頭が下がる。

最近の海外生活は便利になるばかり。テレビでは日本の番組が見られ、インターネットから最新の情報が入ってくる。わが子はジャカルタ生活を楽しんでいるが、それは日本とそう変わらない暮らしになっているからかもしれない。幼少期の海外生活でグローバルな感覚を身に付けてほしい親としては歯がゆい限りだが、50年前にタイムトリップして子育てするのは――。私には無理だ。(史)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

配車アプリ市場に参入相次ぐ 渋滞悪化懸念、運転手の数制限も(11/15)

現代自がEV生産、月内に契約調印=調整相(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

インドモービル子会社、韓国起亜の販売開始(11/15)

地場電動スクーター、バリ島に組立工場(11/15)

インドネシアで議員と面会、野党指導者(11/15)

自動車販売速報値、10月は9.5%減の9.6万台(11/15)

ダイハツ10月小売り、前月比19%増1.6万台(11/15)

中小企業向け融資、来年から金利引き下げ(11/15)

ブカシの新総合都市に日本の「商店街」整備(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン