大気汚染対策で潘氏起用へ、深刻化で新組織

【ソウル共同】微小粒子状物質「PM2.5」による大気汚染が深刻化している韓国の文在寅政権は20日までに、対策のための新組織を設立し、トップに潘基文・前国連事務総長(74)を起用する方針を決めた。国連で地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」採択に取り組んだ経験を生かした国内…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

LGが韓国でスマホ生産停止 ベトナムに移管、組織改編を加速(04/26)

1~3月期GDP、前期比でマイナス成長に(04/26)

釜山港湾公社、越に東南アジア代表部を開設(04/26)

国民の安全と民生経済支援、補正予算案発表(04/26)

SKハイニックス、1Q営業益69%減少(04/26)

サムスンSDS、1Q営業益は9%増(04/26)

現代自が好転、1Q営業益は21%増(04/26)

起亜自、中国生産車をアフリカ・東南ア輸出(04/26)

発電Bグリム、中韓企業と協業推進(04/26)

起亜自1Q営業益94%増、訴訟引当金の戻入で(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン