TCLの18年業績、3割増益=パネルが好調

広東省恵州市に本拠を置く総合家電メーカー、TCL集団が19日発表した2018年12月期本決算は、売上高が前年比1.6%増の1,133億6,000万元(約1兆8,800億円)、純利益が30.2%増の34億7,000万元だった。 新京報(電子版)によると、TCLは昨年12月、コンシューマー・エレクトロニ…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サムスンペイ、DANAとゴーペイと提携(15:08)

豊田織機、江蘇と山東でカーエアコン部品生産(13:48)

テイクオフ:コービー・ブライアント…(10/14)

中国訪台規制、影響が鮮明化 国慶節効果なく、リストラ続出も(10/14)

1~8月の投資認可額46%増、中国が3割超(10/14)

米中が貿易協議で部分合意 15日の関税引き上げ凍結(10/14)

小米出資の家電3社、日本市場へ進出(10/14)

経済交流や印企業の投資拡大、中印首脳会談(10/14)

安川電機の純利益66%減、米中貿易摩擦が影響(10/14)

集中暖房で石炭使用も容認、李首相(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン