インフラ事業の半数、持続可能性認証取得へ

マレーシアのバル・ビアン公共事業相は18日、2020年12月以降は1億リンギ(約27億3,000万円)以上の新規インフラ事業の少なくとも50%について、持続可能性認証を取得することを目標に掲げた。国営ベルナマ通信が伝えた。 認証には新たに導入される「持続可能インフラ格付けツール…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアで先週に封切…(10/14)

【ASEAN戦略】「アジアの三井物産」目指す ヘルスケア、年率16%成長へ(10/14)

社会的弱者への支援手厚く 20年度予算案、格差是正へ(10/14)

三井住友銀、日系油脂に9億円のエコ融資(10/14)

中銀とメイバンク、電子送金業務などで提携(10/14)

鉱工業生産指数、8月は1.9%上昇(10/14)

Jオイルミルズ、油脂加工2社に13億円出資(10/14)

製造業売上高、8月は4.7%増の737億リンギ(10/14)

流通業売上高、8月は5.8%増の1142億リンギ(10/14)

RM1=25.8円、$1=4.19RM(11日)(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン