インフラ事業の半数、持続可能性認証取得へ

マレーシアのバル・ビアン公共事業相は18日、2020年12月以降は1億リンギ(約27億3,000万円)以上の新規インフラ事業の少なくとも50%について、持続可能性認証を取得することを目標に掲げた。国営ベルナマ通信が伝えた。 認証には新たに導入される「持続可能インフラ格付けツール…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「商売繁盛ですね」。営…(06/04)

短期的な回復計画、月内発表 産業界は無利子融資など要望(06/04)

RM1=25.5円、$1=4.27RM(3日)(06/04)

就業者の7割が職場復帰、先月17日時点で(06/04)

上場企業1Q決算に失望感、半数が予想以下(06/04)

コロナ影響長期化、M&A加速を予想=EY(06/04)

ジャパン・エキスポ、今年はバーチャル開催(06/04)

岱宇国際、7月まで受注いっぱい(06/04)

ペナンのケーブルカー事業、連邦政府が中止(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン