年内に電化率50%目指す 政府、電気料金値上げも示唆

ミャンマー電力・エネルギー省は、年内に国内の電化率50%を達成できると見通している。電力供給公社(ESE)が世界銀行の財政支援を得て実施している「全国電化計画」(NEP)の目標に沿うペースとなる。同省によると、18年10月までに43%まで上がった。一方、電化率の上昇に…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(14:22)

18年度の縫製品原料輸入、19%増の23億ドル(14:24)

コメダ、タイとミャンマーに出店へ(10/15)

FPT、ミャンマーで銀行間送金システム(10/11)

ベトナム・ミャンマー激増、日本語教育機関(10/11)

中国への天然ガス輸出量、国内消費の4倍(10/10)

【縫製産業の未来】存在感増す中韓企業に危機感 マツオカ(下)貧しさ根付く産業(10/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン