正新創始者が死去、世界的タイヤブランド創立

タイヤ製造台湾最大手、正新橡膠工業(CST)の創始者である羅桔氏が、今月15日に亡くなっていたことが分かった。93歳だった。貧しい農家に生まれ、一代で世界180カ国・地域で販売されるタイヤブランドを築き上げた。20日付台湾各紙が伝えた。 羅氏は彰化県の農家に生まれ、小学…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

今年の経済成長予測「実現可能」、主計総処(12:40)

テイクオフ:「今後アジアのコンテン…(10/17)

ネット銀のシェア1%未達か 向こう数年、金管会幹部が指摘(10/17)

クアルコムの台湾調達額、今年は4500億元に(10/17)

中国スマホが台湾市場で攻勢、4レンズ売り(10/17)

瑞イク、20年は「4本の矢」で成長継続へ(10/17)

光陽と台北市、高専に電動車の技術教育拠点(10/17)

瑞智精密がペット向けエアコン、日本照準(10/17)

自動化設備の盟立、竹科銅鑼園区に新工場(10/17)

全家のハイテク2号店、小巨蛋近くで開業(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン