007最新作に電気自動車、スパイが環境保護に一役

【ロンドン共同】人気スパイ映画「007」の主人公ジェームズ・ボンドが、最新作で電気自動車(EV)に乗ることが15日までに明らかになった。英大衆紙サンなどが報じた。日系米国人のキャリー・ジョージ・フクナガ監督が環境保護に熱心だという。地球温暖化などへの対策が急務となり…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

ムセで電子通関システム導入、来年中に計画(11:57)

モビリティーの未来を討議、「日本は優位」(10:29)

モデルチェンジした東京モーターショーが開幕(11:42)

徒歩の旅お勧めはビエンチャン=宿泊サイト(10/23)

【予定】23日 9月の粗鋼生産ほか(10/23)

日系企業の業績、過半が悪化 米中摩擦影響大きく、抗議活動も(10/23)

愛知の安城電機、浄水器を販売(10/23)

【13億の食に商機】カゴメが独資でトマト加工 業務用に注力、22年に工場フル稼働(10/23)

領事館の高田領事、デモ見通しを説明(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン