空港車両の自動運転、丸紅が20年の実用化目指す

【共同】丸紅は空港内の車両の自動運転サービスに乗り出す。先端技術ベンチャーと共同出資の新会社を設立。中部空港(愛知県常滑市)で実証実験を始めた。2020年の実用化を目指す。最終的に運転手がいない状態での走行を目標にしており、訪日客増加による繁忙で人手が不足する空港…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

モビリティーの未来を討議、「日本は優位」(10:29)

モデルチェンジした東京モーターショーが開幕(10:50)

徒歩の旅お勧めはビエンチャン=宿泊サイト(10/23)

【予定】23日 9月の粗鋼生産ほか(10/23)

日系企業の業績、過半が悪化 米中摩擦影響大きく、抗議活動も(10/23)

愛知の安城電機、浄水器を販売(10/23)

【13億の食に商機】カゴメが独資でトマト加工 業務用に注力、22年に工場フル稼働(10/23)

領事館の高田領事、デモ見通しを説明(10/23)

豪航空2社の羽田便確定 ヴァージンは日本路線初参入(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン