• 印刷する

テイクオフ:数週間前から激しいじん…

数週間前から激しいじんましんに悩まされるようになった。近所のクリニックで抗アレルギー薬を処方されたが、薬を飲み終わると前よりもひどい状態で再発。

困り果てて友人に相談したところ、中国医学(中医)の医師を紹介された。若い女性医師で、狭いながらも現代的な個人診療所。胃の湿気をとり肺を強化するという薬が処方された。粉薬をお湯に溶かして飲むだけ、大変お手軽。しかし涙が出るほど苦い。飲み始めは効果が見られなかったが、一週間で発疹の範囲が小さくなってきた。

医師によると、2月の立春から5月の立夏にかけて香港は最も湿度が高く、アレルギー性の症状が出やすい。香港の家庭では、このような症状を予防、緩和するためのスープを作って飲むそうだ。今年は特に湿度の高い日が多く、咳や皮膚の痒みなどを訴える患者が多いという。(保)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

70歳男性が死亡、デモ現場でレンガ直撃か(16:58)

香港の交通混乱5日目、道路と駅の封鎖続く(08:52)

景気浮揚は20年後半見通し 回復に時間必要、CLSA予想(11/15)

政府、夜間外出禁止令を否定 13日の緊急会議受け観測浮上(11/15)

4日連続のデモ、小中学校などの休校を延長(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

中環と中文大「戦場化」に懸念、経済紙社説(11/15)

13日のスト呼び掛け、900万人が足奪われる(11/15)

香港スイスベルホテル、ベトナム事業拡大へ(11/15)

香港ビジネス環境は難局続く、ゴールドマン(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン