• 印刷する

カカオ、オンライン旅行会社に34億円出資

韓国IT大手のカカオは19日、旅行商品の企画・販売を行うオンラインサイト「現代カード・プリビア」を運営するタイドスクエアに347億ウォン(約34億2,800万円)を出資し、同社の発行済み株式28.9%を取得すると発表した。

カカオの広報担当者は「タイドスクエアはオンライン旅行サービスにおいて優れたインフラを保有している」と出資の背景について説明した。「具体的な協力内容などは決まっていない」(同広報担当者)が、無料対話アプリ「カカオトーク」を通じた旅行商品の提供などが予想される。

現代カード・プリビアは2009年に「プリビア旅行」という名称で立ち上げられ、10年に地場クレジットカード3位の現代カードと提携したことをきっかけに急成長を遂げた。現代カード顧客向けの航空券優待販売や、ショッピングと連携させた各種サービスが特徴。

タイドスクエアの2017年の売上高は379億ウォン、営業利益は48億ウォンだった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信観光

その他記事

すべての文頭を開く

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

テイクオフ:SNSや記事への悪質な…(10/16)

曺氏辞任で政権運営厳しく 日韓関係の展望、木村教授に聞く(10/16)

成長目標達成へ「緊迫感」 李首相、景気対策の強化を指示(10/16)

日韓関係悪化「影響なし」、日銀大阪支店長(10/16)

9月輸出額11.7%減、半導体が依然振るわず(10/16)

現代重グループの造船3社、労使交渉が難航(10/16)

現代・起亜自、リコール費膨らみ大幅減益へ(10/16)

印M&M社長が訪韓、双竜自の再建策提示も(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン