19日指数は反落、終盤にかけ下げ渋る

19日の台湾株式市場で、加権指数は反落。終値は前日比0.38ポイント下落し10,512.32ポイント、売買代金は1,146億9,000万台湾元(約4,140億円)だった。 前日に終値で昨年10月以来の10,500ポイント台に上昇した集中市場。19日の取引では、高値圏での利益確定とみられる売り注文が先…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

台湾の輸出「トンネル抜けた」、財政部幹部(11:38)

テイクオフ:「まあ、気にすんな」。…(12/10)

11月輸出がプラス回復 米中向け好調、電子も伸び(12/10)

通信5社、20年は5G設備に計300億元投入(12/10)

台湾系主導のタンタビン工業団地、開発進む(12/10)

バスの電動化、経済効果1700億元目指す(12/10)

来年の可塑剤市場、南亜と聯成で見方割れる(12/10)

木材資源を二次元コードで管理、農業委(12/10)

佳世達の透析事業売上高、3年後に50億元(12/10)

健保医療費、20年は5%増の7526億元へ(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン