バタム島造船業、不当廉売税規定の改定要請

インドネシア・リアウ諸島州バタム島の造船事業者らが、船舶の部材となる熱間圧延鋼板(HRP)に対する反ダンピング(不当廉売)関税の撤廃を政府に要請している。19日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 バタム島の関税当局は1月25日、財務相令『2017年第120号』に基づき、シンガ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「私の携帯番号は081…(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】モータリゼーションめぐる課題解決に向けて(10/24)

ジョコ2期目政権始動へ 若手、専門家、政党調和の新内閣(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】日系メーカーの浮沈を握るアジア(10/24)

「進む内閣」、主要ポストの多くが留任(10/24)

東芝、地熱発電のトラブル予兆診断を実証(10/24)

住商が首都郊外に第2倉庫、11月稼働へ(10/24)

ガルーダ、21年から貨物輸送に無人機導入(10/24)

グラブ、年内に健康相談と保険の新サービス(10/24)

インドネシアの鋼材、貿易救済局が調査(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン