勤美の複合エリアが着工、ミッドタウン参考に

不動産デベロッパーの勤美集団(CMPグループ)は18日、台中の緑地「草衙道」で開発を進めている住宅や美術館などの複合エリア「勤美之森」の第1期工事を着工した。第1期では高級ホテルやマンションなどを建設し、投資額は120億台湾元(約430億円)。2022年の完工を目指す。…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 建設・不動産サービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

更生手続き申し立ての中華映管、破産宣告(12:56)

テイクオフ:友人宅のガレージで先日…(09/19)

マツキヨが北中部で出店加速 台中に1号店、10年で100店舗へ(09/19)

中国勢がスマホシェア争い ネット販売加速、実店舗も強化(09/19)

HTC王執行長退任、後任に仏オレンジ幹部(09/19)

デルタと台湾MS、クラウドなどで協力(09/19)

儒鴻、1.7億ドルでインドネシアに新工場(09/19)

IoTコーヒー機の艾聚普、2000万元調達(09/19)

鼎泰豊、台北で世界最大の旗艦店オープンへ(09/19)

ライトレール内製化率50%に、商機1500億元(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン