輸入食品の販売を拡大、コンビニ各社

韓国のコンビニエンスストアが、輸入食品の取り扱いを拡大している。海外旅行から帰国後、現地で購入した商品を好んで買い求める消費者が増加傾向にあるためだ。特に、旅行先として多く選ばれる日本や東南アジアの食品が人気だという。韓国経済新聞が伝えた。 輸入食品販売を業界…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:済州道で暮らした子ども…(05/23)

華為制裁でサムスンに恩恵 調達企業には悪影響も(05/23)

政府、バイオ・健康産業育成に本腰(05/23)

3月末の家計負債、過去最大も増加幅は縮小(05/23)

OECD、19年の実質経済成長率を下方修正(05/23)

4月ICT輸出10%減、中国経済の減速響く(05/23)

サムスン、ゲーム開発ツールの米企業と協力(05/23)

ルノーサムスン労組、労使の暫定合意を否決(05/23)

カーシェアのソカー、新サービスを開始(05/23)

韓国企業、越で整形外科用機器の販売契約(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン