• 印刷する

テイクオフ:インド最南端の町カニャ…

インド最南端の町カニャクマリは、ケララ州トリバンドラムが最寄りの空港だ。そこから鉄道で1時間半、バスで30分揺られればたどり着けるはずだったが、途中でバスが渋滞にはまる。原因は、モディ首相の来訪による通行止めだった。

だから駅からの道すがらずっと、一定間隔でインド人民党(BJP)の旗が立っていたのか。選挙前の演説がインドの隅々まで及ぶことを知る。

支持率が気になってホテルの従業員に聞くと、「俺らはクリスチャンだぞ。支持するわけないだろ」と鼻で笑われた。カニャクマリのあるタミルナド州の与党は、地域政党の全インド・アンナドラビダ進歩党だそうだ。

それでも来訪に合わせて数キロにわたって旗が立つのだから、一定の支持があるに違いない。しかし、そのために駆り出された貴重な労力、せっせと旗を立てるよりも有意義な使い道があるのでは。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

プラ製品シータイ、越やインド事業を強化(04/19)

テイクオフ:インドのカレーは日本と…(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

タタ自、電気自動車のラインアップを拡充へ(04/18)

EV新興企業、最初の車両を交通局に登録(04/18)

正新のインド工場、19年末にフル稼働へ(04/18)

自動車部品シャルダ、ドイツ企業と合弁(04/18)

クボタのトラクター販売3割増、1万台強に(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン