TPPコメ、予定の半分に=18年度豪州産

【共同】農林水産省は15日、環太平洋連携協定(TPP)でオーストラリアに設定したコメの輸入枠について売買同時入札(SBS)を実施した結果、2018年度の落札量が1,120トンになったと発表した。予定数量の2,000トンに対し半分程度にとどまった。国内に流入する海外のコメが想定…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

マツダ、豪アフターサービスで4年連続1位(19:39)

セルトリオン、日本で乳がん薬の追加許可(19:26)

政府観光局、旅行サイト世界大手と提携(19:11)

広告電子化、アフィも成長 ベトナムのネット経済激変(下)(08/22)

スー・チー氏が特区を初訪問 「成果は誇り」、日本に感謝(08/22)

リネットジャパン、中古車販売事業が好調(08/22)

在留資格取り消し倍増、技能実習19倍に=18年(08/22)

テイクオフ:オフィス近くでボーリン…(08/22)

【日韓対立】高まるカントリーリスク 日系は信頼重視、韓国は依存脱却(08/22)

日航サーチャージ値下げ、10月発券分から(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン