• 印刷する

《日系進出》住友倉庫、ヤンゴンに駐在員事務所

住友倉庫(大阪市)は18日、ミャンマー最大都市ヤンゴンに駐在員事務所を開設したと発表した。

ヤンゴン駐在員事務所は、日系企業が多数入居するビジネスビル「サクラタワー」に入居する。ミャンマーでの市場調査・物流事情調査を進め、顧客へのサポート体制を強化する。

同社によれば、ミャンマーは消費市場としての成長が期待され、また電力や物流などのインフラ整備が進めば、製造拠点としても発展し、物流需要の拡大が見込まれるという。

住友倉庫グループは、東南アジアではシンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシアに拠点を展開している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

報道の自由度138位、昨年から1ランク後退(12:04)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(12:42)

中石油系が給油市場に参入 地場と合弁、ヤンゴンに1号店(04/22)

18年度上半期の外国人観光客、34%増(04/22)

アフリカ輸出のコメが焼却処分、原因究明へ(04/22)

水掛け祭り期間の死者288人、前年比大幅減(04/22)

2大都市の大型開発4件が始動=建設省(04/22)

中国国境のムセ、マンゴー輸出が好調(04/22)

医療アプリのミャンケア、スパークスが出資(04/22)

米投資公社、マイクロ金融BRACに融資(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン