家具各社が生産拠点分散、米中リスク回避で

台湾の家具メーカーや貿易業者が、米中貿易摩擦による関税引き上げの影響を回避するため、生産拠点の分散を進めている。このうち、屋外家具を専門に手掛ける基勝集団は、ベトナムに設置した工場が7月から量産体制に入る見通しで、同年の出荷額は5,000万米ドル(約55億8,000万円)…

関連国・地域: 台湾タイベトナム
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所のかき氷店はガイド…(11/14)

10年で洋上風力10GW拡大へ 総統が新方針、来年1Qに詳細(11/14)

中華電信、7月に5Gサービス開始(11/14)

光群雷、20年は印やアフリカ展開を強化(11/14)

TSMCの3ナノ工場、20年着工へ(11/14)

半導体商社の大聯大、同業の文曄にTOB(11/14)

三菱ケミカル、台湾3社統合で新会社設立(11/14)

中油、モバイル決済「中油ペイ」開始(11/14)

声宝の台南新工場、20年3Qに量産開始(11/14)

宏全国際、フィリピンに新工場計画(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン