緑地集団の18年業績速報、純利益は29%増

上海市に本拠を置く中国不動産開発大手の緑地控股集団(緑地集団)がこのほど発表した2018年12月期本決算(速報値)は、売上高が前年比20.9%増の3,510億1,400万元(約5兆8,300億円)、純利益が29.0%増の116億6,200万元だった。 緑地集団は18年の主要財務指標について、いずれも…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:北京の昔ながらの路地「…(09/16)

中国との国境貿易、橋襲撃後に運送費が高騰(09/16)

国有企業が香港投資を強化か 経済支援で、存在感増大の懸念も(09/16)

米中が貿易問題で歩み寄り 関税上げ延期、農産物輸入は再開(09/16)

混乱の原因に「住宅」、業者を批判=新華社(09/16)

企業検査の透明性向上へ、国務院が指導意見(09/16)

海外からの対中投資、1~8月は6.9%増(09/16)

日本の牛肉輸出が過去最高、アジア好調(09/16)

MGモーター、電動SUVの年内投入を計画(09/16)

国民生活に政策重点、雇用や豚肉供給(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン