• 印刷する

《日系進出》名港海運、ハノイに子会社設立

総合物流サービスの名港海運(名古屋市港区)は18日、ベトナムのハノイに子会社を設立すると発表した。同社はタイ・バンコク拠点を中心に東南アジアの物流ネットワークの構築を進めているが、これを機にベトナムでの事業拡大に乗り出す。

子会社名は「メイコー・トランス(Meiko Trans)・ベトナム」。資本金は200万米ドル(約2億1,800万円)で、ハノイ市ドンダー区デラタイン通りのIcon4タワーに入居する。社長には安井浩樹氏が就任し、4月1日に営業を開始する。

同社は2014年12月、ホーチミン市に駐在員事務所を開設していた。海外ではタイとベトナムのほか、米国、中国、香港、インド、ベルギー、ドイツ、ポーランド、メキシコ、ブラジルの計11カ国・地域で事業を展開している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

サベコ、契約変更に社員反発 株売却後の経営体制につまづき(04/23)

ベトナム航空、1~3月は4%増収(04/23)

ベトジェット、航空輸送で25%増収目指す(04/23)

運輸省、タクシー会社の配車アプリに条件(04/23)

ビントゥアン省、ビンタン国際港が竣工(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

設備工事サンテック、越企業に24%出資へ(04/23)

米、越製風力発電タワーにAD関税継続(04/23)

地場企業、ハティン省に木材加工工場開設(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン