• 印刷する

テイクオフ:レストランで食事をして…

レストランで食事をしていると、インドネシア人の家族がやってきた。小学生くらいの子供3人と両親、そして祖父母の7人連れ。着席するなり各自がスマホやゲーム機を取り出し、画面にくぎ付けになった。食事の注文時以外、会話を交わすことはほとんどなく、何も持たないおばあさんだけが手持ちぶさたに黙々と食事をしていた。

それはとても異様な風景だった。一緒にいても各自の心はそこにないかのようだった。「家族の会話を奪う」とテレビが悪者にされた時代があったが、会話を奪う力はスマホのほうがはるかに強力だ。

残念ながらこうした風景は、珍しくなくなってきている。黙々と食事をするおばあさんを気遣って声を掛ける人が1人もいなかったことが印象的だった。ITの発達で相手の気持ちに思いをはせる想像力を人間がだんだんと失っているような気がする。(二)

 


関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

国際自動車展、欧州2ブランドも新モデル(04/26)

国産電動バイクと伊バイクの2社が初出展(04/26)

新日本コンサルが現法設立(04/26)

独ショット、医療用ガラス容器の生産増強(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

ピザハット運営社、年内にブカシに工場完成(04/26)

IoT関連機器の技術規定、年内に制定へ(04/26)

パナ、最上級スキャナーを5カ月に20台販売(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン