• 印刷する

テイクオフ:昨年10月のインドネシ…

昨年10月のインドネシアに続き、今月エチオピアでも墜落事故が起きたことを受け、世界中で米ボーイングの旅客機737MAXシリーズが運航停止となっている。米紙によると、同型機を導入している航空会社のリストにフィリピンの航空会社の名はない。

不謹慎かもしれないが「来月使う航空機は無関係か」とひとまず安心。元々、自分の中でフィリピン航空(PAL)に対する評価は、機内食を除き高い。以前赴任していたインドネシアの航空会社と比べ、国内・国際線とも乗っていて「怖い」と思った記憶がないためだ。

英スカイトラックスがこのほど発表した航空会社の機内の清潔さランキングで、PALは世界30位。微妙な順位で、良いのか悪いのか判断しずらいが、これまで不潔だと感じたことはない。1位は全日本空輸(ANA)。ANAの出資で、日本でPALの知名度が上がればと思う。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「上の2人が実の娘で、…(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

外出制限、10月も緩和継続 マニラ首都圏、経済再開探る(09/30)

大統領「辞任を提案した」、汚職に憤り(09/30)

コロナ感染新たに2025人、計30万9303人(09/30)

サービス業の全面再開を、貿産相(09/30)

クラーク空港の接続道路、工事入札を開始(09/30)

比経済回復は来年4~6月期以降、フィッチ(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン