旭化成が電池部材増強、滋賀と米国の工場に投資

【共同】旭化成は14日、リチウムイオン電池向け部材「セパレータ」の生産能力を2021年度に現状から倍増させると発表した。滋賀県守山市と米国の工場に製造設備を増設し、21年度の上半期に商業運転を始める。投資額は約300億円。 セパレータは絶縁体の膜で、21年度の年間生産能力を…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車化学その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

ルノーが日産に経営統合再提案、ゴーン後体制初(04/24)

三菱自がパジェロ国内販売終了へ、販売振るわず(04/24)

倉庫面積が22%増と急拡大 GST追い風、22年には2倍に(04/24)

【この人に聞く】建築設計事務所ブリコルール 内資法人としてインドネシア進出(04/24)

米西海岸行のコンテナ船、ハイフォンに寄港(04/24)

ポケモン、27日から地上波で放映(04/24)

白物家電22年ぶり高水準、18年度出荷2.5兆円(04/24)

豊田通商、ラッピング広告フレアと業務提携(04/24)

米がイラン原油全面禁輸、日本への猶予措置撤廃(04/24)

スズキ「アルト」、車種別販売で首位を維持(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン