• 印刷する

テイクオフ:人事異動の季節を迎えた…

人事異動の季節を迎えた。今年は例年以上に韓国を離れる駐在員が多いと聞く。公私共にお世話になった方も少なくない。悪化の一途をたどる日韓関係が影響しているかもと、ついついうがった見方をしてしまいがちだ。

その日韓関係だが、韓国最高裁が日本企業に賠償判決を下した元徴用工問題を巡り、日本政府内でもついに韓国経済に対する制裁論が浮上し始めた。文藝春秋4月に掲載された対談記事の中で、在韓19年で韓国富士ゼロックスの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めた高杉暢也氏は、「日本にも大きな影響が生じる」とし、日韓両国の経済は切り離せない関係であることを強調している。在韓日系企業の思いを代弁してもらったようで、思わず膝を打った。

今後の日韓関係を考える上で元韓国駐在員の存在は尊い。新天地でのご活躍を心からお祈り申し上げます。(碩)


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

働き方改革、中小は前途多難 来年1月施行に猶予求める声(11/15)

19年成長率、KDIが2%に引き下げ(11/15)

現代自がEV生産、月内に契約調印=調整相(11/15)

景気先行指標の下落、OECDで最長に(11/15)

インドモービル子会社、韓国起亜の販売開始(11/15)

米中は追加関税撤廃を協議中、商務省が表明(11/15)

10月輸入物価指数、前年同月比で5.7%下落(11/15)

名門3大学出身CEO、初めて3割下回る(11/15)

時価総額上位500社、韓国企業は2社のみ(11/15)

訴訟に苦しむサムスン、特許管理社を逆提訴(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン