旭化成が不織布生産増、紙おむつ需要拡大で

旭化成は15日、タイの東部チョンブリ県にあるポリプロピレン(PP)スパンボンド不織布の製造設備を増設すると発表した。3月中に着工し、2021年7月に稼働を予定。タイでの年産能力を、現行の約3万5,000トンから約5万トンに引き上げる。成長が見込めるアジアの紙おむつ向け素材…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 化学繊維その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【循環型経済】産廃管理、潜在リスク要因に 中央大・佐々木教授に聞く(下)(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

10月の輸出4.5%減、3カ月連続マイナス(11/22)

ラオス北西部でM6.4、バンコクでも揺れ(11/22)

企業景況感DI、上期は17に改善=グラント(11/22)

中部サラブリで工場の休業が増加=労働当局(11/22)

ホンダ、タイで電動バイクシェアの実証事業(11/22)

タイ国境からの観光客、1~11月で100万人(11/22)

ベンツ、認定中古車のオンライン販売開始(11/22)

ロールスロイス、世界限定50台モデルを発表(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン