• 印刷する

北ジャカルタに近代魚市場、築地をイメージ

インドネシアの北ジャカルタ・ムアラバル地区で、東京都中央区の旧築地市場をイメージした国内最大規模の近代魚市場「パサール・イカン・モデルン(PIM)ムアラバル」が開業した。建物面積が2ヘクタールの施設の中に、1,051カ所の水産物販売店舗と8カ所のフードコートなどが入っている。

ジョコ・ウィドド大統領が13日夜、開業を宣言した。敷地面積は4.15ヘクタール。同地区にあった魚市場を再開発した。製氷能力が日産10トンの製氷機2台、排水処理装置などが設備されている。1日の目標販売量は400トン、目標取引額は100億~120億ルピア(約7,800万~9,400万円)に設定している。

14日付インベストール・デーリーによると、投資額は1,506億9,000万ルピア。国家予算から拠出した。設計と施工は国営建設プンバングナン・プルマハン(PP)、建設の監督は建設コンサルタントのファジャール・ヌサ・コンサルタンツがそれぞれ担当した。

ジョコ大統領は「ムアラバル魚市場の登場で、魚市場が汚く臭いという認識が払拭(ふっしょく)できるだろう」と述べた。

ムアラバル魚市場を視察し、水産物を購入するジョコ大統領(海洋・水産省提供)

ムアラバル魚市場を視察し、水産物を購入するジョコ大統領(海洋・水産省提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

国際自動車展、欧州2ブランドも新モデル(04/26)

国産電動バイクと伊バイクの2社が初出展(04/26)

新日本コンサルが現法設立(04/26)

独ショット、医療用ガラス容器の生産増強(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

ピザハット運営社、年内にブカシに工場完成(04/26)

IoT関連機器の技術規定、年内に制定へ(04/26)

パナ、最上級スキャナーを5カ月に20台販売(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン