華為技術、米で無罪主張=対イラン制裁違反

【ニューヨーク共同】米国の対イラン制裁を逃れるため銀行に虚偽の説明をしたとして、対イラン制裁違反やマネーロンダリング(資金洗浄)などの罪で起訴された中国の通信機器大手、華為技術(深セン市、ファーウェイ)の罪状認否の手続きが14日、米ニューヨークのブルックリン連邦…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

9月CPIは3.0%上昇、約6年ぶり高水準(12:02)

テイクオフ:世界中がネットでつなが…(10/15)

工作機械輸出が今年2割減へ 業界団体幹部、年末に下げ拡大(10/15)

不動産投資、東南アにシフト=香港不安で(10/15)

1~9月の対米貿易14.8%減 税関統計、協議進展に期待感も(10/15)

米中貿易摩擦、豪経済に利益 両国和解なら輸出減の恐れ?(10/15)

中国の半導体企業、台湾の人材を引き抜き(10/15)

NEVの失速拡大、9月の販売34%減(10/15)

農産品早期大量購入促す、中国にトランプ氏(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン