2事故に「共通原因」か、ボーイング機

【ワシントン共同】米連邦航空局(FAA)は13日、ボーイング737MAX8と737MAX9の運航一時停止を命じる文書で、エチオピアで起きた事故と昨年10月にインドネシアで起きた事故に「類似点」があり「共通の原因がある可能性をさらに調査する必要がある」と指摘した。 命令書…

関連国・地域: ベトナムインドネシア米国
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

バンク・アルトス、株式51%を2個人に売却(13:20)

テイクオフ:3年ぶりに出張したイン…(08/26)

首都移転の決定に賛否両論 地方は恩恵期待、疑問視の意見も(08/26)

10月に産業用ガスの値上げを計画、国営ガス(08/26)

ガルーダ航空、25日から名古屋便を一部運休(08/26)

ナンバー規制拡大、車両走行速度は9%改善(08/26)

ECショッピー、2四半期連続で東南ア首位(08/26)

ニッケル鉱石の禁輸前倒し、鉱業各社に打撃(08/26)

パーム油の対印輸出、マレーシアが上回る(08/26)

業界はEV大統領令を歓迎、詳細規定も望む(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン