車両登録の大量データ、政府が有償で提供へ

インド政府は、2019/20年度(19年4月~20年3月)から車両登録の「バルクデータ」を自動車業界や研究機関に有償で提供する方針を固めた。PTI通信が13日に伝えた。 データの提供を通じて、輸送部門などの公共性の高いサービスを向上させ、経済全般の底上げにつなげることを目的…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

太陽光目標は「達成可能」 新エネ省、セル生産拡大にも意欲(08/23)

石油HPCL、5年で7400億ルピー投資計画(08/23)

インドのデータ分析会社、アジア太平洋に参入(08/23)

BMW、セダン「3シリーズ」の新型発売(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

米高級二輪インディアン、リース開始へ(08/23)

新興フィンテック、1.5億ドル資金調達へ(08/23)

電子決済の普及、公営銀の支店閉鎖を加速(08/23)

英HSBC、200人規模の技術職を削減(08/23)

公営銀が中小企業向け融資強化、車と住宅追加(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン