• 印刷する

1月の経常性賃金、前年同月比2.36%上昇

台湾の行政院主計総処(統計局)が14日に発表した1月の工業・サービス業の賃金・生産力統計によると、従業員の経常性賃金(基本給に諸手当を加算)は4万1,714台湾元(約15万700円)で、前年同月比2.36%上昇した。経常性賃金の上げ幅が2%を超えるのは14カ月連続。前月比では0.81%増加した。

経常性賃金に非経常性賃金(残業代やボーナスなど)を加えた賃金総額は9万4,152元で、前年同月比58.05%増えた。全従業員のうち、台湾籍のフルタイム従業員の経常性賃金は2.39%増の4万3,916元、賃金総額は59.08%増の10万21元だった。主計総処は賃金総額の増加について、「今年は春節(旧正月)前ボーナス『年終奨金』の支給が1月に集中したため」と説明した。

1月末時点の工業・サービス業の従業員数は794万1,000人で、前年同月末比9万1,000人(1.16%)増加した。

1月の労働時間は平均182時間で、前年同月比3.3時間、前月比10.8時間それぞれ増加した。残業時間は平均7.6時間で、前年同月比0.5時間、前月比0.2時間それぞれ減少した。1月の残業代は平均1,752元で、前年同月比1.18%、前月比3.26%それぞれ減った。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

台北にアジア初のキンプトン 個性派高級ホテル、来年は東京にも(03/22)

鴻海子会社、中国アリババ220万株を売却(03/22)

経営危機の緑能科技、債務超過で上場廃止へ(03/22)

ASUSのスマホ事業、18年は120億元の損失(03/22)

エイサー、18年の純利益は前年比9%増(03/22)

12歳以上の市民、18年は86.5%がネット使用(03/22)

南亜、12.3億元でポリ系剥離フィルムの生産増強(03/22)

高雄仁武産業園区、航空宇宙産業の集積地に(03/22)

七休一の輸送業例外規定、労働部が廃止検討(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン