• 印刷する

大韓航空、事故同型機の運航計画中止

エチオピアで米ボーイング機「737MAX8」が墜落した事故を受け、5月に同型機を導入する予定の大韓航空は14日、「安全が確認されるまで当面運航を見合わせる」と発表した。世界での運航停止の広がりに対応した格好だ。

大韓航空は2015年、米ボーイングと2025年までに最大50機(オプション20機含む)の737MAX8を導入する契約を締結している。5月には同型機8機を運航する予定だった。

現在、韓国で保有される737MAX8は格安航空会社(LCC)イースター航空の2機のみ。同社はすでに13日から同2機の一時停止措置を取っている。

聯合ニュースによると、LCCティーウェイ航空も下期に導入する4機の同型機の運航をしない方針を固めた。済州航空は最大50機(オプション10機含む)の導入予定だが、22年以降の導入計画のため、しばらくは状況を注視することになる。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

韓国、日本の管理強化巡りWTOに提訴(09/13)

日韓新たな火種、バルブ関税巡り是正勧告(09/13)

AGC、韓国現法のガラス基板工場を撤去へ(09/13)

韓国通信KT、伝染病の拡散予防アプリ発表(09/13)

起亜、Bセグセダン「ソルト」の予約開始(09/13)

プラズマディスプレー向け工場閉鎖検討、AGC(09/13)

韓国の化学メーカー暁星、投資拡大へ(09/13)

豪石炭の需要、パリ協定下でも年4.5%減に(09/13)

韓国の梨12トンを越出荷、食品輸出で攻勢(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン