新北市の淡海新市鎮、20年にも無人バス運行

新北市政府交通局は2020年初旬にも、同市淡水区のニュータウン「淡海新市鎮」で無人バスの運行を始める計画だ。既に台湾交通部(交通省)が2年間で1,000万台湾元(約3,600万円)の助成金を支給することも決まった。14日付聯合報が伝えた。 新北市交通局によると、19年末にも淡海…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

上場企業の上期利益25%減、7年ぶり下げ幅(20:11)

テイクオフ:役者が発する言葉は、韓…(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

フィンテックへの投資が急増 今年2倍近くへ、220億元規模に(08/21)

台湾系縫製GTI、4~6月期は83%増収(08/21)

宜鼎、米MSとAIoT向けSSDを開発(08/21)

タピオカ輸入が過去最高、19年上半期(08/21)

聯発科、5G単独規格通信の通話試験に成功(08/21)

奇景光電、靴自動接着技術を共同開発(08/21)

中鋼、4Qの域内鋼材価格は値上げも(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン