西部初のAI・5G産業園区、成都で開業

四川省成都市の成都高新技術産業開発区(成都高新区)で13日、人工知能(AI)イノベーションセンターが運営を始めた。中国西部地域初のAIと第5世代(5G)移動通信システムの産業園区との位置付けだ。中国新聞網が13日伝えた。 同センターではAIに関連する企業や研究開発…

関連国・地域: 中国-四川シンガポール欧州
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

AIと実体経済の融合推進、深化改革委(16:40)

HSBC保険部門、今年2桁台増収へ(13:03)

国際特許、アジアが過半数=18年出願(03/20)

テイクオフ:地下鉄に乗っているとさ…(03/20)

国内最長の橋建設、中国が2億ドル援助(03/20)

原発が4年ぶり新規着工へ 福建と広東、20年向け建設加速か(03/20)

昨年の国際特許出願、中国は2位を維持(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

中国銀行、商業省内に「中国デスク」設置へ(03/20)

中国企業のM&A、一帯一路沿線国で増加(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン