マレーシア株、2Q末まで調整局面=UOB

マレーシア株は今年4~6月(第2四半期)末まで調整局面が続く――。シンガポール系資産運用会社、UOBアセット・マネジメント・マレーシアのリム・スエットリン最高経営責任者(CEO)は、FTSEブルサ・マレーシアKLCI(FBM KLCI)指数が調整局面の間、1,650…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

丸紅、太陽光発電の入札でOSKと連携か(12:59)

エアアジアX、KL―成田便を11月に再就航(19:24)

香港系小売り大手、スーパーなど22店閉鎖か(19:57)

テイクオフ:ひょっとしたら、マレー…(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

2Q経済成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(08/21)

世界最大級の藻類培養設備 サラワクに日系技術で完成(08/21)

日野のトラック、分解修理なしで100万キロ(08/21)

RM1=25.4円、$1=4.18RM(20日)(08/21)

港湾の競争力向上策、数週間以内に発表へ(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン