トヨタ回答が前例覆す、自動車業界変革に危機感

【共同】トヨタ自動車の2019年春闘は、決着が集中回答日の13日までずれ込み、冬の一時金(ボーナス)は継続協議という前例を覆す展開になった。自動車業界が変革期を迎え、経営陣の危機感が背景にあり、労使幹部の折衝は13日朝まで続いた。トヨタは1969年以降、年間のボーナスを春…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(03/22)

日本政府、防災対策拠点の整備支援(03/22)

日本製陶器ドリッパーをPR トランク、カフェアジアに初出展(03/22)

新車販売、日産がトップ3に 1~2月は韓国現代自超え(03/22)

日本政府、浄水場整備などに計10億円支援(03/22)

ビール輸入額、3年で倍増 日本トップ、中国・米国産が追う(03/22)

地方の上水道拡張を受注 クボタ工建など、日本が資金援助(03/22)

テイクオフ:「口は命の入り口、心の…(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン